長いので2本立てです。(1)は基本知識編、
(2)では業界文化に触れながらの経緯の「想像」を書いてますが、
趣旨は「KADOKAWAを現状出ている情報だけで叩くのはやめよう」です。

けもフレ炎上に関して、
アニメの版権ビジネスに携わっている人間からの解説がないと感じるので書く。

・まず結論から言うと
けもフレ製作委員会からのプレスリリースの内容が真実だとすれば
(仮にあれが真実でないとしたら訴訟モノだし、ヤオヨロズも真実だから黙っているのでは)、
今回の話は8割方、ヤオヨロズ社側に非がある話に思える。

同時に、あの製作委員会からのリリースは、外から見えている事実の経緯と矛盾していない。

正しい知識もないくせに、KADOKAWAを叩くのはやめよう。


https://anond.hatelabo.jp/20170930045332の続き※KADOKAWAを叩く人々をバカ呼ばわりしてた表現について修正しました。内容は変えてないです。

・経緯の解説 ※業界関係者としての想像

まず前提として説明しておきたいのが、コンテンツ制作を生業にするこの業界には、「0から1を生み出すクリエイターが一番エラい」認識と、「クリエイターを、『大人の喧嘩』に巻き込まない」という不文律が共有されていることだ。

これは、クリエイターを制作作業に集中させる環境を整えるのが会社の役目であって、権利トラブルを始めとする「大人の喧嘩」に巻き込んで余計な負担をかけるべきではない、という考え方からきている。
まともなエンタメ企業ほど、この前提が社員にしっかり浸透している。

※そういう意味では、KADOKAWAのアニメ事業局・ライツ事業局は、まだまともな方だ。

以上を踏まえて、これは私が外部の人間である以上、妄想の域をまったく出ないが、知識がない人の妄想よりは幾分マシ、というところで私の思う経緯を書く。

①KADOKAWA、2期制作にあたり、12.1話のようなことを節々でやらないよう、ヤオヨロズに念押し。
②ヤオヨロズ、「2期制作は請けるが、たつきが一番功労者でエラいんだから、たつきの好きにさせろ」と返答。
③KADOKAWA、たつきへのリスペクトはあるが、幹事会社として、その要求は飲めないことを通達。モメ始める。
④ヤオヨロズ、モメた末、「そんな条件を出してくるならオリる」脅しのカードを切る。
【たつきはここまで、以上のようなやりとりがあったことを一切関知しておらず、制作作業に集中していた】
⑤ヤオヨロズ、たつきに「KADOKAWA意向で制作ハズされちゃったんですよね」と報告。
⑥たつき、驚きながら「突然ですが~」のツイート。

(10/01ブコメ指摘有:KADOKAWAはヤオヨロズとの窓口ではあっても、幹事会社ではないそうです。申し訳ありませんでした)

あくまで妄想です。

何度でも書くが、ヤオヨロズは「近々公式コメント出すから大人しくしててね」くらい言えないものなのか?

たつきもそうだけど、社会人としてどうなのと思いますよ。

・たつきとヤオヨロズがすべきだったこと
たしかに、たつき氏はけもフレを盛り上げた一番の功労者であることは間違いない。
しかしながら、仮にも「商業アニメの製作」に関わる人間として、他者の権利を侵害しないよう、正当な手順を踏まなければならなかったのも事実だ。

百歩譲って、たつき氏は「ものづくり以外のことは専門外」な職人だったにせよ、ヤオヨロズの渉外役は、たつきが暴走しないよう適宜コントロールする役割の立ち位置を、会社としては、とらなければならなかったはずだ。

「事実上の権利者」としての立場の強さを使って、自分たちもリスクをとる形で、KADOKAWAと、製作委員会と交渉をして、もっと他の道を探ることだってできたはずだ。
今回のように、ファン巻き込んで、KADOKAWA炎上させるようなやり方ではなくね。
あと責任を持って、早く何らかのプレスリリース出してください。

・未だにKADOKAWAを叩いている人々に言いたいこと
あなたたちは、たつきのツイートを見て「なんで?」と困惑するに留まるべきだった。
製作委員会からの情報発信を待つべきだったし、同時に、ヤオヨロズからの情報発信を待つべきである。(未だに何も無いのは本当にクソ)

知識も情報も十分でない内から、KADOKAWAを叩くべきではない。
あまり商業アニメをナメない方がいい。

商業アニメと、作品に関するすべての情報は、本当に想像がつかないほど多くの企業と人間が熱意を持って関わって、チェックされて、「確認結果OK」のお墨付きを受けて、ようやく世に出てきているのだ。

そもそも、「カネ」や「利権」体質だとKADOKAWAを批判するあなたたちは、そこで働く人間に会ったことがあるのか?
彼らの作品づくりにかける思いを知っているのか?平均年収を知っているのか?
年間にいくつの作品を世に出して、新人作家をデビューさせ、喜ぶファンを生んでいるのか知っているか?
私が出会ってきたKADOKAWAの人間は、本当にクリエイターのことを尊敬していたし、大事にしていたし、ファンに作品を楽しんでもらうために、毎晩遅くまで、身を粉にして働いている人たちばかりだったよ。

だいたい、お金がなければ新しい作品を作れないし、そもそも出版業を始めとしたコンテンツビジネスは、利権があって初めて成り立つものだ。

「カネ」や「利権」、こうした概念を重視したビジネスを批判するなら、
KADOKAWA以外の作品も含め、マンガもアニメも映画も、見ることを一切やめるべきだ。

そうすればあなたたちにとっての悪の根源たるエンタメ企業は続々潰れるだろうから、理想の世の中に近づくだろう。

吉崎先生が原因うんぬんかんぬんのニュース記事はプレスリリースでもなんでもないので、情報が揃うまでは気をつけたほうがいいですよ。

・憶測の域を出ないとは言え,分かり易い解説だった。 躍起になってKADOKAWA叩いてる自称フレンズ達,マジでやめとけよホント。

・僕はこういう時にプロデューサーの力量ってわかると思う。プロデューサーって結局いかに作品のケツをふけるかどうかだと思うので…

・今回の問題で取り敢えず分かったこととしてはKADOKAWAよりヤオヨロズって制作会社の方が悪かったという事やな。

・そら俺らは12.1話嬉しいけど勝手に版権使ったんだから怒られて然るべきだよな… それを喜んでくれたんだからいいだろ!は違うよな…

・面白い。キャラ原案、キャラ設定、世界観設定を吉崎観音がやっているんだから、原作者に監督脚本演出任せれば一番いい。

・あのな、金の卵産む鵞鳥が死んだらプロジェクトがもう単純に失敗してそれは管理が失敗してんだよ。商売にならん形でIPもっても仕方がないんだわ

・この意見はめちゃめちゃしっくり来るけど結構叩かれてるから、もう俺はオタクじゃなくて企業組織の理屈で判断する大人になってしまったのかもしれない。

・解説はわからなくもないけど、あまり情報発信しないKADOKAWA もどうかと思うので、あまりピンとこない内容でした。もう少し簡潔にわかりやすく書いてくれればなあ。

・公式の声明はその責任を果たそうというものだろうが、その内容があいまいに「ヤオヨロズが悪い」と下請けに責任をぶん投げてるものなのだから、荒れるのは当然だろう

・記事はヤオヨロズを下請けと言っている。事実上まあそうだろう。であるならば、コメントを自由に出せる立場にない。しかし記事はそれを求めている。